Amazon

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8はAmazonで見るのが安い!

ついに、つ・い・に!
あの『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン8(最終章)が2019年4月15日に公開になります!!

し・か・も、本国では公開してチラホラ感想が・・・なんてことはなく、世界同時配信なんですよ!

待ちに待った最終章が最速で見れるって、本当にうれしいですよね~!!

で、問題の”何で見れるのか”って話なんですが、2019年4月15日の世界同時配信を見ることができるのは、スターチャンネルだけです。

『いやいや、契約してないし・・・高いし・・・、結局ムリやん!』と、私も思ってましたが、なんとAmazonプライムビデオのスターチャンネルEXでも世界同時配信を見ることができると発表されました!!

続きを読む

菅田将暉の異なる魅力が楽しめる5つの作品!

先日、作品が面白いかどうかは別として、”演技を堪能できる”という点に的を絞って、で5つの作品をご紹介しました。
3年A組で絶賛の菅田将暉の演技が堪能できる5つの作品!

今回は、演技や作品の面白さという事は別として、異なる魅力が楽しめる作品を5つご紹介!

本当に、幅の広い役者さんです。

続きを読む

Amazonプライムはコスパ最強!生活が少し豊かになるよ。

Amazonプライムの会員になってからすでに2年近く経ちます。

もともとAmazonのヘビーユーザーにも関わらず、会費がかかるという事でプライム会員になることを躊躇していました。

ですが、2,000円未満の買い物は送料が有料になったことで、送料の為に特にほしくないものを頼んだりすることが無駄に思えてきたので、約2年前、思い切って会員になりました。

いざ会員になってみると、こんなコスパ最強の会員プランってあるの!?ってくらいお得なので、実体験から本当に使える特典をご紹介したいと思います!

続きを読む

ドラマ『dele』を見た感想。海外ドラマ派にもおすすめ!

かれこれ何年もの間、洋画や海外ドラマがくらいしか見ていなかったのですが、ひょんなことから邦画を見始め、最近邦画の面白さにはまりつつあります。

最後にしっかりと見たドラマは『白い巨塔』(田宮二郎じゃなくて唐沢寿明版ね)じゃないかってくらいここ何年もドラマは見ていませんでした。

っていうか、2019年に岡田准一主演で『白い巨塔』の特別ドラマが放送されるというじゃないですか。唐沢寿明演じる財前教授がもう16年前になるなんて・・・私が生きてるうちにあと何人の財前教授が出てくるんだろう。

話が逸れましたが、先月あたりから菅田将暉出演の映画を立て続けに見ている流れから、山田孝之と菅田将暉が主演の『dele』を見たので、感想やあらすじをご紹介。

これまでの日本のドラマとは一線を画す面白く、奥の深いドラマでした。こういう系、好きです。もっとこんなドラマが増えればいいのになぁ。そして、シリーズ化してほしい。

続きを読む

映画『ピース オブ ケイク』を見た感想。キャラが濃い!

菅田将暉weekとしてAmazonプライムやhuluで見れる映画を中心に菅田将暉出演の映画を見てきました。

今回は『ピース オブ ケイク』の感想です。

簡単にいうと久しぶりにすっきりする恋愛ものを見たなぁ!という感じ。

もともと恋愛ものは苦手です。誰かが病気になったり、余命僅かだったりというお涙ちょうだいの設定自体があんまり受け入れられないんですよね~

その点、この『ピース オブ ケイク』はどこでもありそうな設定で面白かったです。

続きを読む

映画『何者』を見た感想。誰にでも闇はあるのか。

映画『何者』を見た感想です。

就職活動をテーマに描かれた作品ですが、これってどの世代の人でも共感してしまう映画だと思います。

正直言って、自分の心の闇を見透かされたような、そこは暴かないでほしかったなぁ、とどんよりした気持ちになる映画でした。

ホラーとは違った意味で、リアルで怖い映画。絶対、友達とかとは見たくない映画ですね。

続きを読む

映画『キセキ-あの日のソビト-』を見た感想。

勝手に一人で菅田将暉weekとして菅田将暉さんが出演してる作品をいろいろとみています。

今回は『キセキ-あの日のソビト-』を見た感想をまとめています。

先に感想を言うと、サクッと見れる映画です。

見た後にどんより考えさせられるような内容ではなく、サクッと見て『よかった!』と思って終われる映画です。

続きを読む

映画『ディストラクション・ベイビーズ』を見た感想。

先日から勝手に続けている菅田将暉weekと題して、菅田将暉出演作品を見ています。

今回は2016年に公開された柳楽優弥主演の『ディストラクション・ベイビーズ』を見ました。

レビューを読むとなかなか酷評されていますね。

それもそのはず、公開時のキャッチコピーが『日本の映画史上最も過激な108分!』とまぁ、見る人を選ぶ作品なんだろうと思いつつも、柳楽優弥と菅田将暉の演技が見たいので見てみました。

続きを読む