立ち会わないとダメな父?!立ち会い出産はしっかり話し合いを!

立ち会い出産が主流になりつつあり、厚生労働省のデータでは50%以上の家庭で立ち会い出産をしていると言われています。

感動したという意見もある中、やめておけばよかったという声も聞きます。

夫婦の問題なので、正解はありません。しかし、どちらを選んでも後悔しない為にはとにかく話し合いをすることに尽きます。

スポンサーリンク

周りに流されないで

今は立ち会いをして当たり前、立ち会いをしない夫は非協力的といった風潮があるように感じています。

3人出産しましたが、どの病院でもしきりに立ち会い出産を勧めてくるし、まず前提に、立ち会い出産するでしょ?といった感じでくるので困ったものです。

私は絶対に立ち会いしたくない派です。

夫も立ち会いしたくない派です。

立ち会いを勧める助産師さん達は旦那が拒否してるから、立ち会いをしないと思っているのか、『旦那さんに説得しようか?』『頭側だけに立ってもらうから大丈夫だよ。』とかいろんな想像を膨らませて立ち会いを勧めてきます。

ですが、私は旦那がいようがいまいが結局産むのは私なので、気の利かない旦那よりも、出産のプロ(助産師)が居てくれればそれでいいと思っています。

陣痛時も旦那ではなく、陣痛経験者の母が側で飲み物や食事の差し入れなどしてくれればいいと思っています。

第一子の時なんかはいきみが来るまで一人でしたからね・・・

ということで、我が家は3人とも立ち会いなして、旦那には第2子以外は出産後に病院に来たくらいです。

話が逸れましたが、何が言いたいのかというと、あまりに立ち会い出産が当たり前と思われすぎてて、立ち会って当たり前、立ち会わなければダメだ!と思っていませんか?ということ。

みんなが立ち会いをしているから立ち会いをして当たり前だ。立ち会い出産をしないと父親として冷たい。という風潮は少し違うような気がします。

スポンサーリンク

夫婦の話し合いが不可欠

はなから立ち合いをして当たり前。という意識で旦那さんに『立ち合いするよね?』と聞くときっと気を使って『もちろん!』と答える男性も少なくないでしょう。

愛する妻が自分たちの子供を命がけで産むのに『立ち会うでしょ?』と聞かれると、立ち合いに不安を感じていても『もちろん』としか答えようがない。

だけど、本心では血を見ることに不安を感じていたり、その後の夫婦生活に影響しないかと不安に感じている男性も少なくないはずです。

しかし、立ち合いをして当たり前だという感覚でいる妻に、不安を口に出せない状況で不安を感じたままお産に挑んでしまうのはあまりにもかわいそうです。

だから、ぜひ立ち会うことは当たり前の義務!なんて思わずに夫が立ち合いに対してどう考えているのか、立ち合いを望んでいるのか、立ち合いをしたいけど不安を感じているのか、そもそも立ち合いをしたくないのかを冷静に話し合うべきです。

立ち会ってほしい妻側からするともし夫が立ち会いたくない。という意見だとすごく冷たく感じるかもしれません。

だけど、冷静に考えて下さい。

実際の出産は壮絶な現場で、オムツのCMのように綺麗な母が綺麗な我が子を抱くということはほぼ皆無です。

悲鳴に近い叫び声と髪はぐしゃぐしゃに乱れ、顔は脂汗でギトギト。

かなりの出血あるし、胎盤も出てきます。

分娩室内は血液と大便の臭いがすることもあります。

そんな状況がどうでもいいくらい必死な妊婦とバタバタと忙しく仕事をしている助産師や医師。そんな状況に一人だけただ見ているだけの人が入るんです。

それがもし自分なら?不安を感じずに立ち合えますか?

”立ち合い出産を望まない=愛情が不足している”ではありません。

立ち合い出産に意見の相違がある場合は、どのように折り合いをつけるのかに決まった正解はなく、夫婦できちんと話し合って決めたことが正解です。

妻の立ち会ってほしくないという意見は当然、夫の立ち会いたくないという意見も『あなたは冷たい!』と責めるのではなく、冷静に受け止めて、夫婦でしっかりと話し合ってほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください