スマイルキュートを購入!メルシーポットとの比較や使ってみた感想

中耳炎を繰り返す次女のために思い切って電動鼻水吸引器 スマイルキュートを購入したので、決め手となったポイントや実際に使ってみた感想をまとめてみました。

結論から言うと、なんでもっと早く買わなかったんだろう!

本当におススメです!

口で吸うタイプの鼻水吸引器

子供のいる家庭には必ず1つはありそうなくらいメジャーな口で吸うタイプの鼻水吸引器。

私も長男、長女まではこのタイプで吸引していましたが、難しい!

嫌がる子供を押さえつけて、小さな鼻の穴に鼻にフィットした瞬間に勢いよく吸い出すなんて職人技。

我が家でこのタイプを活用できたのは、赤ちゃんの頃と自分で鼻がかめるようになってきた3歳以降。

1番使いたい鼻がかめない期間は我が家では残念ながら、使い物になりませんでした
結局吸えてもティッシュで拭き取れるくらい表に出てきてるものだけ。

そして、自分にも風邪がうつる。

そらそうだよね、風邪の元になるのをわざわざ吸い込んでるんだもんね。

ということで、我が家ではほとんど鼻水吸引器を使うことはなく、すぐ耳鼻科へ行っていました。

メルシーポットかスマイルキュートか

長男は中耳炎を繰り返していたので、中耳炎を防いだり、悪化させないためにも鼻の状態を良好に保つことは重要だと学んだので、電動鼻吸い器の購入を決意。

中耳炎の記事:中耳炎がなかなか治らない

だいたい皆さんメルシーポットとスマイルキュートのどちらかで迷うようで、例外なく私もこの2つで悩みました。

色々調べた結果、決め手となったのは以下。

比較

比較表 スマイルキュート メルシーポット
吸引力 -80kPa -80kPa
吸引圧の調整 可能 不可
サイズ幅 24.6cm×奥行き9.4cm×高さ21.7cm 幅23.5cm×奥行き9cm×高さ16cm(突起部含まず)
重さ 約1.5kg 約800g
価格(購入時) 15,800円 11,880円

 

吸引力

電動と言うくらいだから吸引力がなければ意味がない。

これはどちらも吸引圧-80kPaでどちらも耳鼻科と同等らしい。

しかし気になるのは、吸引圧が強すぎるのではないか。ということ。

使用するのは医師ではなく完全なる素人の私。

私は鼻をかむのがすごく苦手です。これは、大人になった今でもそうなんですが、鼻をかむと耳の中が膜を張ったようになり、痛みを伴うことがよくあります。

耳抜きというものも苦手で痛み感じます。

ある耳鼻科の先生が、

強く鼻をかんだときのような痛みが器械で鼻を吸っても同じようなことが起こるので、ごく弱い圧で複数回に分けて吸ってあげるのが良い

と書かれています。

私も子供の頃は中耳炎を繰り返していた体質なので、おそらく子供も同じように痛みを感じるのではないかと思い、吸引圧が強すぎるのを心配していました。

スマイルキュートは吸引圧の調整が無段階のダイヤルでできて、かつ圧をメーターで確認できるということで、スマイルキュートに1票。

価格

ここはメルシーポットに1票。
4,000円の価格差は大きいけれど、どちらにしても1万円超え。せっかく1万以上出すのなら、他の部分もしっかり考慮したうえで選択したい。

使いやすさ(大きさや重さなど含む)

使いにくくてはタンスの肥やしになるので、使い勝手の良さは重要。

操作性はメルシーポットはスイッチ1つ。スマイルキュートは圧調整のダイヤルがあるものの回すだけなので、迷いどころがないくらい簡単。

よって、どちらも全く問題なし。

サイズ感

取り出しやすさに関わる重さやサイズ感はメルシーポットが小さく、軽いので扱いやすさはメルシーポットに1票

だだ、そもそも持ち歩く予定はなかったので、はっきり言って気にしてませんでした。

これが倍以上違うとかになると考慮したかもしれませんが。あ、重さは約2倍・・知らなかった。

手入れのしやすさ

これ!これがいちばんの決め手!

メルシーポットのお手入れについてを読んでると、毎回長いホースを洗う必要がある様子。

そら、鼻水が通るから当たり前ですよね。ズボラな私でも鼻水が通ったなら絶対使うたびに洗いますよ。

しかし、これでお手入れ簡単って

マジですか?

超面倒じゃないですか?

使うたびにパッキン外して、ボトルを洗って、長いホースに水を通して乾かして。

1日1回とかならまだいいですが、鼻が多いときには1日1回とかじゃ済まないですよね?

その度に全部外して洗うんですか?

鼻水って固まると取れないので、1日の最後にまとめて洗うってのも厄介ですよね?

ついでに言うと、その長いホースにカビ生えません?

対して、スマイルキュートは鼻水吸引キットという吸い取った鼻水をホースの手前で貯めてくれる超便利な付属品があるんです。

鼻水吸引キット

だから、毎回ホースや大きいボトル洗う必要はなく、鼻水吸引キットだけを外して洗えるのですっごい便利!

これはもう、スマイルキュートに10票!!!!

って事で、スマイルキュートに決めました。

使ってみた感想

長くなりましたが、本題の実際に使ってみた感想を語っていきます!

準備・後片付け編

説明書を読む必要もないくらい、簡単にセッティングできます。

本体セットのほかに鼻水吸引キットがついているものを購入したので、長いホースの先に鼻水吸引キットを接続して使用します。

長いホースが汚れていなければ、鼻水吸引キットだけを洗浄しているので、タンク、ホース、アダプターは接続したままにして、鼻水吸引キットを取り付ければすぐに使える状態で置いています。

ちなみに、鼻水吸引セットを使用せず、長ーいホースに直接吸い口を接続して使用も可能ですが、その場合、本体に付属している大きなタンクに鼻水が流れ込みます。

準備は数十秒で完了。鼻水を吸いたい時にさっと利用できるようにしています。

子供達は吸うと気持ちがいいことを学んだ今となっては、子供が自分で用意してます。それくらい簡単。

準備が面倒だとだんだん使うのが億劫になってしまうので、思い立った時にさっとできるので、使い続けることができています。

操作性

ついているボタンは電源on/offの1つだけ。

ダイヤルは吸引圧の調整用です。これも説明不要な簡単さ。

メーターは吸引圧がどのくらいかを示すもの。次女がまだ小さいので、メーターで強くなりすぎないよう確認しつつ、使用できるので便利です。

長すぎるくらいに感じるホースも使ってみるとすごく便利!取り回しがしやすいです。

鼻水は吸える?

肝心の吸引力は、耳鼻科の先生がするものと比べると素人がしていることもあり、耳鼻科には劣ると感じますが、家庭用であれば十分かと。

それぞれ、年齢別で使ってみた感想です。

8歳

吸引圧MAXで使用。

自分で鼻がしっかりかめるので、自分で鼻をかんだのとあまり変わりないように感じます。

ただ、自分で鼻をかむと『ピキッ』と痛みが走る時があり、鼻をかむのを嫌がるので、鼻水がひどい時は吸引器を使用しています。

痛みがなく、ズルズルっと出てくれるので、本人は気持が良いようです。

5歳

吸引圧MAXで使用。

鼻がかめるものの大人のようにしっかりとはかめない長女。

緑の色のついた鼻水もすっきり吸い取ってくれます。

鼻の側面に吸い口を密着させ、吸引力を上げて一気に解放するとズルズル~!!!と気持ちいい音を立てて取れます。

角度をいろいろ変えて吸引するとまだあったのか!というくらいズルズル出てきます。

初めは吸引圧を真ん中くらいで使用しましたが、痛がる様子もないので、MAXで使用しています。

1歳~2歳

吸引圧真ん中くらいで使用。

鼻の穴が小さく、角度を変えて使用するのがなかなか難しく、5歳の長女ほど取りきれている感はしませんが、本人はほとんど鼻をかめない(フンという程度)ので、今まで吸えていなかった鼻水が吸い取れます。

使用の際は長女のように鼻の側面で吸引圧を上げるのが難しいので、ホースを押さえて吸引圧をあげて一気に解放して使用しています。

抑えつけられるのが嫌がり、1回で奥まで取りきるのはなかな難しいので、鼻が多い時には1日4・5回ほどこまめに使用しています。

メンテナンスは?

我が家は鼻水吸引キットを使用しているので、鼻水吸引キットだけを取り外して洗って乾かしています。

鼻水吸引キットは吸引キット内に鼻水がたまり、本体の長いホースへは流れていかない構造になっているので、ホースとタンクは汚れません。

一度あまりにたくさん取れて、鼻水吸引キットに鼻水がたまりすぎた時に、長いホースまで鼻水が流れ込んできてしまったことがありましたが、通常は鼻水吸引キット内でおさまっています。

しかし、衛生面から鼻水が直接通ってはないとはいえ、本体のホースとタンクも2・3日に1回は洗うようにしています。

タンクもパッキンを外して分解洗浄ができます。特に難しいこともありません。

音はうるさい?

モーター音はしますが、うるさいと感じるほどではありません。
そもそも口で吸うタイプの鼻吸いでも、嫌がる子供の泣き声ですでにうるさいので、モーター音なんてどうってことありません。

<追記>スマイルキュートにすっかり慣れた2歳の子も全く嫌がることがないので、今では泣くことはありません。なんなら、自分で吸ってたりするくらいです。

総評

値段が値段なので、買うのにすごく悩んで購入しました。

ありきたりですが、なんで第一子の時に買わなかったんだろう!この一言に尽きます。

吸引器を使わなかったら、ひっきりなしに流れ出てくる鼻水も吸引器で一度吸うとしばらくは鼻水が出てきません。

おかげで、鼻を拭きすぎて鼻の下が真っ赤に荒れることも随分と改善されました。(保育園に言っている間はどうしても赤くなってしまいますが・・・)

これは、想定していなかったメリットです。

ただ、中耳炎になる回数が減ったかと問われると中耳炎の予防への効果のほどはわかりません。

『鼻水がひどいから耳鼻科へ行こう』と思う回数は激減しました。これはこまめに鼻水を取るので、鼻水が長引くことが無くなったからだと思います。

いずれにせよ、鼻水がひどい時にすっきりと取り去ってあげられるだけでも買ってよかった!と思えるので、購入を迷っている方、オススメですよ!

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください