映画『ピンクとグレー』を見た感想。なかなかの衝撃でした。

気になっていた映画『ピンクとグレー』を見ました。

後から知ったんですが、前情報として『開始62分で衝撃』との宣伝文句だったようなのですが、そんなことは全く知らず、まっさらな状態で見たのでなかなかの衝撃を受けてしまいました。

その”衝撃”こそがこの映画の要なので、ネタバレなしで感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

あらすじ

白木蓮吾(中島裕翔)と河田大貴(菅田将暉)は幼いころからの親友同士。

そんな2人が偶然、街中でスカウトされたことからそろって芸能活動を始めます。
器用な性格から白木蓮吾は気が付けば人気俳優に。一方、河田大貴はたまにあるせっかくのチャンスもものにできず、悶々とした日々を送っています。

ある日、白木蓮吾が事務所を移籍するという出来事をきっかけに2人はすれ違い、距離を置くようになってしまいます。
時はたち、河田大貴は人気俳優として活躍する白木蓮吾と久しぶりに再会し2人は再び友情を取り戻します。

2人が友情を取り戻した翌日、人気絶頂のさなか白木蓮吾は河田大貴宛に6枚の遺書を残して、自宅で首を吊り自殺を図ります。

人気俳優の遺体の第一発見者となった河田大貴は瞬く間に時の人となり、白木蓮吾の伝記を出し、白木蓮吾を演じることで俳優としての地位を手に入れます。

スポンサーリンク

脇を固める役者陣が素晴らしい

主演はHey!Say!JUMPの中島裕翔。

アイドルという枠組みで見れば演技上手な部類に入るんでしょうが、やっぱり物足りなさは感じてしまいました。

というか、脇を固める菅田将暉、夏帆、柳楽優弥といった俳優という枠の中でもかなり演技の上手な人たちがいるとどうしても持ってかれちゃいますよね~

特に、絡みの多かった菅田将暉と夏帆なんかは『ピンクとグレー』という題名通り、ピンク側の時とグレー側の時の演技のふり幅がすごいっ!

2人ともすっごく自然に演じるので、何の気なしに見てしまいがちですがやっぱりこれだけ演じ分けられるのは素晴らしい!

そして、出番も口数も少ないものの圧倒的な存在感と佇まいだけで表現をする柳楽優弥はやっぱりすごい俳優さんです。

柳楽優弥の圧倒的な演技力を堪能したいなら、こちらがおすすめ↓

スポンサーリンク

感想(ネタバレなし)

いやぁ、なかなかの衝撃でした。

何が起こっているかわからない・・・

だけど、話は展開していく・・・

え?

え?

どういう事!?

そんな衝撃でした。

”衝撃”が起こる前の前半は菅田将暉演じる河田大貴が嫉妬や劣等感を身にまとった姿は、見ているこちらが目をそむけたくなるくらいリアルで、嫌なくらい共感してしまいました。

いやぁ、どんどんと別の世界へ行ってしまいそうな親友に対する、嫉妬というか、劣等感というか、なんかモヤモヤとする気持ちを体現できるのってやっぱり菅田将暉はすごいわ。

前半は話の展開のスピードもよく、後半の展開に向けてのわくわく感もあり、楽しく見ていたのですが後半に向かってペースダウンした感じがして、ちょっと飽きてきてしまいました。

その間延びしたままエンディングへ向かうので、『まさか、このまま展開せず終わるの!?』とラスト5分位で確認してしまうくらいでした・・・

なんか、明らかになる自殺の原因なんかも全く共感できないというか、理解に苦しみました。

全体を通して思うのは、後半が残念!

でも、衝撃の展開と俳優陣の演技は一見の価値あり!だと思います。

残念ながら、huluやAmazonプライムでは配信されていません(3/9現在)ので私はレンタルで鑑賞しました。

huluやAmazonプライム会員の方は、そのうち配信されるかもしれませんので、配信されればぜひ見てみてください。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください