ママ友に好かれる人の特徴とは?話しやすいママには共通点があった。

皆さんの周りにはママ友の多いママ、いわゆる顔の広いママっていますよね?

私はもともとママ友と呼べる人がいませんでした。

今では縁あって仲良くさせてもらっているママ友がいますが、仲良くしているママの中の3人はとにかく顔が広い!

この3人は習い事関係で知り合ったので、それぞれ子供の小学校も幼稚園も違います。

顔の広い3人グループではなく、3人それぞれが顔が広いんです。

この3人はとにかく、話がしやすい、色々なことを飾らずに相談できる素敵なママ達です。

そんな3人を見ていて共通点をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2パターンの顔が広いママ

ただ一言で顔が広いと言っても、『いろいろなところに積極的に顔を出し、広く浅く顔の広いママ』と『自然とママが寄ってくる顔の広いママ』がいるように感じています。

私が素敵だと思っている3人のママはいずれも後者のタイプ。

3人そろって言うのが、『気の合わないママと付き合うのは疲れるから、本当に気の合う友達とだけ付き合いたい』とはっきりと言うくらい、自分からは積極的に話しかけて行ってはいません。

それなのに、なぜか周りのママが寄ってくるんですよね。

スポンサーリンク

共通する特徴

自分からは積極的に話しかけていかないにもかかわらず、周りのママが寄ってくる理由はどこにあるのか、そんな3人の共通点は

飾らない

 

世間では『マウンティング』という言葉が定着しつつある中、この3人は全く飾りません。

素のままの自分を初対面の時からさらけ出します。

私が初めて話をした時は午前中にあった地震の話をしていると『もう8時にもなるのに、化粧もしてなければ、ブラジャーもしてなかったのよ。私、ダラダラしすぎよね~!大きい地震だったら逃げるに逃げれなかったわ 笑』と飾らないエピソードを披露してくれるほど、自分を必要以上に良く見せるという事をしません。

とにかくほめる

 

この3人は他の子供やママの事をとにかく褒めます。

例えば、『子供がこんなことしてさぁ、久々に怒ったわ!』なんて話をしていると『でも、ちゃんとしてるよね~子供のそういう事もしっかり叱れるって!』と親として当然の事でも、褒めてくれるんです。

子供が『意地悪をされてさ~』って話をすると、『○○ちゃんは賢いよね。ちゃんと自分のイヤだった気持ちをママに言えて』と何てことないことを口に出して褒めてくれます。

やっぱり誰でも褒められるとうれしいですよね。

何よりも、褒めることができるという事は、相手の欠点を探しているのではなく、良いところを常に探している姿勢がみんなに好かれるんだろうなぁ~と感心しています。

共感する

親もイライラして子供に八つ当たりをしてしまったり、怒りすぎてしまったり、キツく言いすぎてしまったりすることもありますよね。

そんなことを反省を込めて話しすると『あるよね~、私もやってしまう事ある』『でも、頑張ってるじゃん!親も人間だもん、仕方ないよ~』と決してこちらの失敗を責めることはありません。

共感して、否定しない姿勢で話を聞いてもらえるだけで、心が軽くなるし、自分だけじゃないんだと励まされもします。

素敵なママ友を見習おう

共通点を見ているとママ友との関係以外でも『飾らない・いい部分を見る・共感する』という姿勢は、人間関係を築いていくうえで大事なことだし、子供にもぜひ身に着けてほしい考え方です。

できたらいいけど、なかなか実践することが難しいことではあるけど、3人のママを見習って少しづつでも実践していけると子供の手本にもなれるかなぁ。なんて思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください