映画『そこのみにて光り輝く』を見た感想。不思議な気持ちになる映画。

映画のレビューを見ていると善し悪しがぱっくりと別れている『そこのみにて光輝く』を見ました。

感想としては、暗い・・・

どんよりとしていて救いがない・・・

最後は少しの光でも見いだせるのか・・・

そんな映画でした。

スポンサーリンク

あらすじ

北海道の函館が舞台のお話。

仕事をやめて毎日パチンコに通う達夫(綾野剛)がパチンコ店で出会った人懐っこい拓児(菅田将暉)と出会います。

人懐っこい拓児(菅田将暉)に言われるがままに海沿いにある拓児(菅田将暉)の家を訪れます。
バラックに住む拓児(菅田将暉)の家族は姉の千夏(池脇千鶴)と寝たきりの父と介護に疲れ切った母の4人家族。

千夏(池脇千鶴)は売春で家族を養い、拓児(菅田将暉)はたまにある日雇いの仕事をしているという荒んだ家庭環境。

そんな千夏(池脇千鶴)と達夫(綾野剛)が出会い、次第に互いに惹かれ合う・・・というお話です。

感想(ネタバレあり)

いやぁ、、、暗い。

ほんっとうに暗い・・・

そして、救いようがない。

これと言って大きな事件が起きるわけではなく、ただ誰も見向きもしない社会的弱者の家族に達夫(綾野剛)が出会うだけの話だけど、達夫(綾野剛)と拓児(菅田将暉)の間に生まれる兄弟愛のような絆、互いにツライ出来事を抱えながらも少しの光をお互いに探す千夏(池脇千鶴)と達夫(綾野剛)。

いやぁ、、、何と言ったらいいんでしょうか。

みんなに『面白いよ!見て!』と手放しで進められる映画ではありません。一応R15ですし。

だけど、なんだろう、誰もが認めるようなハッピーエンドになる話ではないし、暗いお話なんだけど、私は見終わってズーンと気持ちが沈むような映画ではありませんでした。

それどころか、心の奥でどこか悲しく、切なく、やり場のない気持ちと同時に、どこか救われるような、癒されるような本当に不思議な気持ちになる映画でした。

スポンサーリンク

素晴らしい演技の3人

主演の綾野剛さんの色気は何なんでしょうね~

何か暗い部分を抱えている陰のある男。

口数が少ない役だけど、拓児(菅田将暉)や千夏(池脇千鶴)を受け入れる懐の大きさがたまらん。

そんなに濡れ場が多いわけではないけど、ただ歩いているだけでもう色気があふれ出てる。

Tシャツにズボンにビーサンという何でもない格好なのに、カッコいい。

対して、菅田将暉!

いやぁ、菅田将暉の美しさに気付く前に見た映画がこれだったら、マジで生理的に受け付けないわ。

役柄とはいえ、清潔感のない感じがひどい。

なんか、きったないんですよ!

役柄上、歯をわざと変色させているんですが、こんなに変わるか!というほど薄汚れた感じがすごい。

底抜けに明るいんだけど、状況を理解していないのか言葉は悪いけど、バカ丸出しだけど、どこか憎めない役どころを見事に演じています。

そして、千夏役の池脇千鶴。

初めて池脇千鶴さんを知ったのですが、この人の艶っぽさというか、エロスな感じはね、リアルすぎる。

抜群のプロポーションでもなければ、抜群にキレイな顔でもない。

ちょっとたるんだ柔らかい体つきってあまりにもリアルすぎる。

彼女が出てきたとき、これはR15だわ。と思いました。

もちろん、服を着てる姿ですよ。

はっきり言って女優さんとしてはあまり良い役ではない役どころだと思うけど、もう”千夏”の荒んだ生活にうんざりしているけど、どうあがいても抜け出せないことを悟っているような悲しげな表情はすごいです。

久しぶりに、演技派女優を見つけた!と感じました。

スポンサーリンク

まとめ

私はあまり邦画はあまり好きではありません。

なんだか陰鬱で暗いか、顔だけで役を取ったような俳優が主演を務めるありきたりな恋愛ものしかないと思っていましたが、久しぶりになんとも言えない映画に出会ったなぁという感じです。

今の私が感じた結末は千夏(池脇千鶴)と達夫(綾野剛)は小さいながらも幸せを見出せる可能性があるんじゃないかと思いました。

拓児(菅田将暉)に関しては、きっとこのまま変わらないんだろうなぁと・・・

見る時の自分の気持ちによっても感じ取るものも違うし、結末すらその時の自分の状況によってハッピーエンドと感じるのか、バッドエンドと感じるのかが変わる映画だと思います。

もう少し時間をあけてまた、もっと年を重ねてみたいと思える映画です。

好き嫌いがはっきりと分かれる映画だと思うので、みんなに『レンタルをしてでも見た方が良いよ!』とは勧められませんが、huluやAmazonプライム会員など定額契約をしている人なら、ぜひ見てみてください。

何か感じるものがあるのではないかと思います。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください