子連れプールデビューで水着のチョイスを失敗した話。

夏真っただ中、海にプールにキャンプに川遊びにプールにプールにプール・・・

夏休み開始と同時に子供を連れて遊びまわっていたのですっかりブログの更新が滞っておりました。

毎年プールに行くと必ず数人は見かけるママがいます。

それは、独身時代の水着で来ちゃったママ!

はい、これ、長男がプールデビューした数年前の私です。

誰も見ていないでしょうが、なんとも居心地の悪い一日を過ごしました。

これからプールデビューを控えているママに子連れ水着事情をご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

ファミリー向けプールでビキニは浮きまくり!

もうほんっとうにビキニは絶滅危惧種なみにいません。

数年前、長男のプールデビュー=ママとしてのプールデビューをしたのですが、出産する3~4年前に海に行ったのを最後に長らく水着を着る場所から遠のいていました。

遠のいていたその間にこれほど水着に変化がおきているとは・・・

というか、その数年に変化が起こったのか、前からそうだったのかはわかりません。海に行っても子連れの方の水着なんて気にしていませんでしたから・・・

とにかく、長男のプールデビューの際に、私は独身の頃の水着(黒のシンプルなビキニ)に、下だけ短パンをはいてプールデビューをしました。

水着に流行はあることは知ってましたが、黒のビキニが廃れることはないと思って選んだ水着だったんで、自分の水着について全く考えずにプールへ向かいました。

で、プールについてみてびっくり。

誰もお腹なんて出していません。

腹を出している私は完全にう・い・て・るーーーーーー!(プカプカプカ)

スタイルに自信をもってビキニを選んでいるような人とはわけが違います。

私は大手を振って見せれる腹ではありません。

そんな腹をさらけ出して過ごす一日はなんとも気まずい。

誰も気にしていないだろうけど夏の日差しと同様、腹に視線が突き刺さる(気がする)。

そんな夏の一日を過ごしました。

スポンサーリンク

ラッシュガード着用が当たり前!

そう、今は長袖ラッシュガードに短パンが定番。

完全防備の人はトレンカを着用して全身を日差しから守っています。肌を見せているのは顔と手の甲くらい。

ラッシュガード以外には『タンキニ』と呼ばれるタンクトップ型の水着にビキニの上から短パンをはいている人なんかもいます。

いずれにせよママの水着は、おなかを隠して、短パンが主流です。

たまにビキニの人や下だけビキニの人を見るとギョッとしてしまうくらいビキニの人は見かけません。

誤解しないでいただきたいのですが、私はビキニを着たい人は思う存分ビキニを披露してほしいと思っています。

やっぱりプールや海にはビキニが似合うし、私はビキニを着こなしているママを見ると純粋に羨ましいですね。

見せれるうちに出しておかないともったいないですからね!

毎年見かける過去の私

プールへ行くとやっぱり毎年何人かは見かけるんです。

プールに来たのが初めてだろうなぁ、と思うくらいの赤ちゃんを連れたビキニのママで、休憩中はずっとバスタオルを掛けていたり、どこか落ち着かない様子(完全な思い込みかしら?)のママを見掛けるたびに、過去の自分を思い出します。

対して、自信を持ってビキニを選んだであろうママは自信たっぷり休憩中もビキニ満開で過ごしています。

今年もきっと周りを見てビキニがいないことに驚いたであろうママを見ました。(←完全な私の思い込みです 笑)

休憩場所の拠点が近かったのでよく見かけたのですが、午後からはビキニの上からパパのものと思われる普通の綿のTシャツを着ていました。

スポンサーリンク

パパも子供もラッシュガード着用があたりまえ

息子がプールデビューの際は海パンだけでラッシュガードは着用せずにつれていきましたが、同行者から日焼けが心配だからTシャツだけでも着せた方がよいとアドバイスされ、Tシャツを着て過ごさせました。

子供は遊びに夢中になると際限なく遊ぶし、浮き輪に乗っていることが多いので、肩は水に浸からず直射日光にさらされますからね。

気づくと日に焼けて真っ赤になってしまったり、ひどいと水ぶくれになって、完全にやけど状態になってしまうので、注意が必要です。

私も若いころに水ぶくれができるほど肩を日焼けしてしまったことがあるのですが、大人でも涙が出るほどつらい思いをしました・・・

夜は痛くて寝れないし、何もしていなくても痛むし最悪でした。

同じく、パパもラッシュガードを着用している人が多いですが、パパのラッシュガード着用率は私の感覚ではまだ半々といったところでしょうか。

ちなみに、女の子の水着は断然セパレート型がおすすめ。

ワンピース型と比べてとトイレの際ストレスが全然違います。
 

いかがでしたか?

子供がプールデビューをするとなると持ち物や日陰の有無など子供のことばかりが気になりがちですが、ママの水着も様変わりしていますよ。

若者の多いプールや海なんかではビキニが主流ですが、市民プールやファミリー向けのプールになると、ビキニ人口の少なさにびっくりするんじゃないかと思います。

もちろん、ビキニが着たい人は少数派だろうがビキニを着て楽しめばよいと思います。

着れるときに着ておかないともったいないですしね!

以上、プールデビューで水着を失敗したお話でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください