映画『セトウツミ』で大爆笑!今までの映画で一番笑いました。

題名通りなんですが、菅田将暉さんと池松壮亮さん主演の『セトウツミ』って映画を見て、数年ぶりにお腹を抱えて笑いました。

2016年に公開された映画なので、ご存知の方も多いとは思いますが、私は全くこの映画を知りませんでした。

Amazonプライム会員なので無料で見れるなら、と何の期待もなしに、用事がてら軽く見れるかなぁと暇つぶしにつけてみました。

この映画、はまる人とはまらない人とがはっきりと分かれる作品だと思うんですが、私は初めて映画でこんなにお腹を抱えて笑う経験をしましたのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

あらすじ

原作は漫画なんですね、映画を見終わってから知りました。

映画のあらすじは関西の高校生、菅田将暉さん演じるちょっとバカな”瀬戸”と池松壮亮さん演じるクールで頭のいい”内海”という2人の男子高校生が放課後の時間つぶしに川沿いの階段に座ってただ話をするという映画とは思えない設定。

登場人物も全部で10人くらいしか出てこないし、場面も学校と通学路が少し出てくるくらいで、ほとんどがこの川沿いの階段に座っている2人の会話を楽しむだけというなんともシュールな映画です。

ほんと、池松さん演じる内海が全くハリのない声で『塾さぼったろかな~』などと妙にリアルなテンションで会話が続きます。

見どころ

何といっても瀬戸と内海の掛け合いの会話の面白さもテンポもすべてが大阪~!!!って感じで、ほんっとうに面白い。

漫才のような掛け合いの会話に、時々登場する強烈なキャラの家族、もう本当に笑えます。

よくある青春映画のようにキュンとするような恋愛もなければ(ちょっとだけ恋愛要素があります)、さわやかな友情の描写もありません。

それなのに、2人が端々でかすかに醸し出すお互いを想う絆なんかがすごくリアルで、ほっこりするし、ただ見ているだけで自然と顔がほころびます。

菅田さんは大阪出身という事ですが、池松さんは関西育ちの私からすると関西の人ではないことはわかりますが、恐らく関西人以外は分からないくらい、関西弁のイントネーションも見事ですね。

きっと私たち関西人が頑張って関東弁に寄せても”なんか変”ってのと一緒なんでしょうね。

感想

菅田将暉さんも池松壮亮さんも、設定上決してイケイケの高校生ではないんですよね~

それがまた妙にリアル。よくある青春映画のような『こんな派手な高校生おらんやろ!』っていうような高校生ではなく、2人ともどこにでもいそうな田舎臭い高校生。

舞台挨拶の写真とか見るともちろん2人ともかっこいい俳優さんなのに、こうも変わるか!っていうギャップもまたすごい。

そんな2人がただただゆる~くしゃべるだけなのに本当に面白い!

実際の高校時代なんて劇的な出会いもなければ、大好きな人が余命わずか、みたいな経験ってほとんどの人が経験しないじゃないですか。

だけど、この瀬戸と内海のようなゆるーい関係で、ただ友達となんてことないことを話して、暇つぶしにしょうもないゲームをして過ごした放課後ってほとんどの人が経験あるんじゃないでしょうか?

特に、関西人の私には関西弁でゆる~くしゃべっている様子は本当に懐かしく、自分の学生時代と重ね合わせて顔が自然とほころんでしまいました。

途中、おなかを抱えて笑ってしまう場面もあり、あまりにも爆笑する私に息子はドン引き。

きっと小3にはこのシュールさは、まだわからなかったのかな。

すでに2回目も見ましたが、2回目もやっぱり爆笑。

オチがわかってても爆笑。

何気ない日常を描いているので、『すごい演技!!』という俳優の見せ場!みたいな展開もないけど、約1時ちょっとをほぼ2人の登場人物だけで展開をしているにもかかわらず、見る人を引き付けることができるのはきっとこの2人の演技を演技と感じさせない実力があるからこそ成り立つ映画なんだと思います。

ということで、面白いんだろう!と気合を入れてみると肩透かしになるかもしれませんが、ゆる~い気持ちで見てみてください。

きっと、懐かしくもあり、どこかクスッと笑ってしまう(私は爆笑でしたが)内容に癒される映画だと思います。

映画とはいえ70分くらいの短編なので、暇つぶしにゆる~く見てみてください。

おすすめです。

Amazonプライムなら月額400円から映画や海外ドラマ、アニメなどが見放題です♪

もちろん、現在のところ『セトウツミ』もプライム対象映画ですよ!

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください