映画『キセキ-あの日のソビト-』を見た感想。

勝手に一人で菅田将暉weekとして菅田将暉さんが出演してる作品をいろいろとみています。

今回は『キセキ-あの日のソビト-』を見た感想をまとめています。

先に感想を言うと、サクッと見れる映画です。

見た後にどんより考えさせられるような内容ではなく、サクッと見て『よかった!』と思って終われる映画です。

スポンサーリンク

あらすじ

名曲『キセキ』の誕生というよりは、GReeeeNの結成までの話。

厳格な医師の父の反対を押し切り半ば勘当状態でメタルバンドのボーカルをする兄ジン(松坂桃李)と父の期待に添おうと医学部を目指す弟ヒデ(菅田将暉)。

メタルバンドがメジャーデビューを果たすも、自分たちのやりたい音楽ができない事の葛藤に悩んでいる兄ジン(松坂桃李)。

一方、歯科医師を目指している弟ヒデ(菅田将暉)も趣味で仲間と音楽活動を始める。

兄ジン(松坂桃李)が弟たちのグループの作る音楽の才能に気づき、自分の活動は諦め縁の下の力持ちとして裏方になることを決意。

歯科医師になることもメジャーデビューをすることも諦めない、2足のわらじであの名曲『キセキ』が出来上がるまでを描いています。

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

見終わった感想はすごく見やすい映画。

それぞれの葛藤や、父に認めてもらうまでなどを良い意味で浅~く描いています。

メジャーデビューを果たすまでやかなり厳格な父に認めてもらうまでなど、もっと深く掘り下げて描こうと思えば描けるポイントだとは思いますが、割とライトな感じ、もっと言えばとんとん拍子で話が展開していきます。

個人的にはそこはGReeeeNの音楽の感じからもあれくらいのライトな描き方でよかったんだろうな、と思いますが、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

いつの間にか彼女もできてたしね。

それにしても、松坂桃李さんって顔が小さいからてっきり背はそんなに高くない方だと思っていましたが、実は背が高いんですね~

予想外のスタイルの良さに見とれてしまいました。

いやぁ、松坂桃李さんがかっこよかった!

父親とぶつかり合い、勘当状態になってでも好きなことをやり通そうとする不器用な兄ジン(松坂桃李)。

たいして、好きな音楽を続けたいけど、父の期待にも応えて歯科医師にもなりたい、という弟ヒデ(菅田将暉)。

家庭での自分の役割を理解し、音楽への気持ちを押し殺していることを知ってか兄ジン(松坂桃李)がどちらも叶えられるように奔走する姿は、兄弟愛はもちろんですが、兄ジン(松坂桃李)が”音楽”の可能性を信じ、”音楽”を愛しているからこそ。

そんななかで生まれたGReeeeNは”奇跡”という事なんでしょう。

そして、映画内でGReeeeNを演じた4人によるライブ場面も俳優とは思えない完成度でよかったです。

実際、菅田将暉さんなんかは音楽活動をされていますし、俳優もできて音楽もできるって才能の塊ですね。

ちなみに、個人的な菅田将暉weekなので、菅田将暉さんのMVも見ました。

菅田将暉さんの『さよならエレジー』なんかははじめ見たMVは、『まぁ、俳優だし、こんなもんか。』と思っていましたが、LiveバージョンのMVを見て驚き!

全然深みが違う!Liveバージョンの方を見ると、俳優なのに歌もこんなに上手なの!?と驚きました。

きっと努力の賜物なのは言うまでもありませんが、それでも『天は二物を与えず』っていうけど、何物与えられてるんだろうか・・・と考えてしまいます。

まとめ

話を映画に戻しますが、現実は映画のようにすんなりと行かなかったはずですし、もっともっとたくさんの葛藤やせめぎあいがあっただろうとは思いますが、そこをサクっと描いているので、腰を据えてというよりはラク~な気持ちで見るにはいい映画でした。

GReeeeNという事だけあって音楽もいいですしね。

ちょっと立て続けに菅田将暉出演映画を見ていて、『溺れるナイフ』や『そこのみにて光輝く』『ディストラクション・ベイビーズ』という決して明るくない映画を見ていたので、なんだかこういう軽い映画も必要よね。という映画でした。

まぁ、でも一度見れば見返すことはないかな。

暗い映画を見た後は、歯磨きをしたり、ハンドクリームを塗ったりと寝る準備をしつつ、笑える『セトウツミ』をテレビで流して気持ちをリセットしています。

こういったことができるのもFire TV stickの最大のメリットですね。

他には、YouTubeをテレビで見れるようになって、用事をしながらも楽しめるので、家事をしながらの楽しみが増えました♪

おすすめですよ~!

↓Amazonプライム会員なら『キセキ-あの日のソビト-』も見れますよ(2/3現在)。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください