映画『ディストラクション・ベイビーズ』を見た感想。

先日から勝手に続けている菅田将暉weekと題して、菅田将暉出演作品を見ています。

今回は2016年に公開された柳楽優弥主演の『ディストラクション・ベイビーズ』を見ました。

レビューを読むとなかなか酷評されていますね。

それもそのはず、公開時のキャッチコピーが『日本の映画史上最も過激な108分!』とまぁ、見る人を選ぶ作品なんだろうと思いつつも、柳楽優弥と菅田将暉の演技が見たいので見てみました。

スポンサーリンク

あらすじ

愛媛県松山市の造船所で働く柳楽優弥演じる”泰良”は喧嘩に明け暮れた生活を送っていますが、ある日を境に姿を消します。

次に泰良(柳楽優弥)が現れたのは、松山の中心街。

通りを歩く人に見境なく殴り掛かり、やられても薄ら笑いを浮かべながら食い下がっていくかなりヤバい奴。

そんな泰良(柳楽優弥)に出会い、自分は持っていない強さというか狂気というのかに魅せられて『一緒に何か面白いことをしようや!』と付いて回る菅田将暉演じる”裕也”。

裕也(菅田将暉)がはやし立て、感情のままに暴力を楽しむ泰良(柳楽優弥)が一緒になり、繰り返された喧嘩はやがて、世間を騒がす暴行事件に発展し、世間の目に広くさらされることになります。

そんな2人に偶然居合わせたせいで無理やり拉致される小松菜奈演じるキャバクラ嬢”那奈”の3人は凶行を繰り返しながら、松山市外へ向かうというお話。

そして、突然姿を消した兄・泰良を探す弟・将太を村上虹郎が演じています。

スポンサーリンク

感想(以下ネタバレあり)

映画を見終わった感想は、、

菅田将暉演じる裕也がクソ過ぎる!

そして、柳楽優弥ってマジですごい!

といった感じです。

よくこの映画レビューでは『何が伝えたいのかわからない』と書かれていることが多い作品ですが、私も同じく見終えた感想は『何が伝えたいのかわからない』という意見には賛同します。

だけど、『何を伝えたいのかわからない』けど、『見て損はなかったな』という感じ。

この気持ちをうまく言葉で表現できるだけ自分の中でも確立した何かを感じ取ったわけでもないけど、決して見て損はないかなぁ。

ひたすら泰良(柳楽優弥)が喧嘩をふっかけていき、延々喧嘩を続けてラストまで喧嘩で終わっていく映画なのでストーリーも何もあったもんじゃありません。

そんな泰良(柳楽優弥)の強さなのか狂気なのかに惹かれて付きまとう裕也(菅田将暉)が、マ・ジ・でクソ野郎!

いきがってちょっかいを掛けていくのに、友達がやられて助けを求められても『い‥い・ま行く・・・』と言いつつ一歩も動けないヘタレ。

なのに、泰良(柳楽優弥)と行動を共にするようになると虎の威を借るキツネ状態でけんかを吹っかけていくんですが、自分が手を出す相手は確実に弱い女オンリー!

強そうな相手は泰良(柳楽優弥)に任せて、自分ははやし立てながら動画を取る始末。

拉致した那奈(小松菜奈)にも手を出した挙句、最後は殺されるというなんとも無様な役。

いやぁ、すごい。

こんなひとつもいいところがないひどい役を引き受ける菅田将暉ってやっぱすごい(推しすぎ)

そして、もう柳楽優弥の演技は怖いですね。

演技が上手とかそんなレベルではなく、あの狂気に満ちた表情やなんの感情も持たない目は演技とは思えない。

もしかして、柳楽優弥さんがもともと持っているものなのかと思えるくらいの圧巻の演技。

スポンサーリンク

暴力シーン

喧嘩のシーンが続くのですが、暴力シーンがすごくリアルです。

映画やドラマのようなかっこいい立ち回りをする喧嘩ではなく、格好の悪いリアルな殴り合い。

この暴力的なシーンが見ていて気分が悪くなる。と書かれていることも多いですが、個人的には全然平気でしたね。

裕也(菅田将暉)は女性に対して暴力をふるいますが、まぁヘタレの裕也なんでそんな目をそむけたくなるような暴力ではないです。

一方、泰良(柳楽優弥)の喧嘩シーンは男同士の殴り合いなので、精神的にキツくなるような暴力シーンには感じませんでした。

まぁ、ここは人によるから殴り合いシーンを見たくないという人にはこの映画は完全アウトでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

万人受けしないけど、柳楽優弥の演技は見る価値ありです。

もちろん、菅田将暉の演技もすごいですよ。

初めは喧嘩をする泰良(柳楽優弥)を見て楽しんでいたはずが、自身でコントロールできない思いもよらぬ展開に翻弄され、壊れていく様はさすがです。

ただの喧嘩映画といえばそうなのかもしれません。

だけど、ただ純粋に暴力を楽しむ泰良(柳楽優弥)、凶暴な面を持ちつつも弱いものにしか手が出せず、強い泰良(柳楽優弥)惹かれる裕也(菅田将暉)、万引きを繰り返す闇を抱え、最後は自身も暴力に支配されてしまう那奈、そして、喧嘩を傍観している人達やSNSで繰り返される批判と侮蔑の嵐を見たときに、なにかここに伝えたかったことがあるのだろうなぁと、感じました。

うまく受け取りきれませんでしたけど・・

ということで、みんなにおすすめ!とは言えませんが、柳楽優弥の狂気に満ちた演技を見てほしいですね。

感受性の高い方は何か感じ取れるかもしれません。

↓Amazonプライム会員なら『ディストラクション・ベイビーズ』(1/30現在)を追加料金なしで見れますよ。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください